出版社編集者



出版社編集者
書籍出版の仕事を探している場合や、書籍の編集作業やさまざまな編集者の役割について知りたい作者の場合は、書籍出版社で最も一般的な編集役割があります。

出版社の仕事

最も理想的な形では、出版社の仕事は出版社や出版社の編集上の先見性とビジネス上の頭でなければなりません。

貿易出版では、出版社は、家が出版する書籍の種類の幅広い調子を設定します。出版社を介して報告する残りの編集スタッフは、出版社の最終的な裁量で獲得する。

編集長/編集長の仕事

出版社、出版社の編集ディレクターまたは出版社への報告は、通常、編集者の日々の努力を担当する担当者です。彼または彼女は編集する本のリストを持っているかもしれませんが、編集責任者の役割の管理責任のために小さなリストになる可能性があります。

<!

編集者の仕事

書籍編集者の仕事は、買収から完成した本に至るまで、本のアイデアを取ることです。編集者の主な任務は文法を訂正することであると広く考えられていますが、編集者の役割は完成した本の成功に不可欠な多くの異なる側面を網羅しています。

それは編集者の仕事の下にある:

文学者から本を得る。

  • これは、原稿を読んで、小説やノンフィクションの本の提案がマーケットにアピールするかどうかを評価することを意味します。これは必然的に編集者が多くの拒否手紙を書くことを意味します。編集者の集まりを過ぎたプロジェクトについては、大規模買収委員会への本の提唱者として活動します。編集者が本を取得するためにハイ・サインを得た場合、編集者はエージェントとの契約を交渉することになります(編集者が非代理原稿を取得する可能性は非常に低い)。
原稿が著者の目の前に残っていることを確認します。
  • 編集者は、原稿の約束、すなわち内容の種類、情報の質、および優れた文章を確実にするために作者と協力します。これは、原稿が書かれている間、編集者が著者とチェックインして進捗を評価することを意味します。原稿が遅れてしまうという警告兆候がある場合、編集長は管理編集部とその上司にスケジュールを知らせます。
    はい!原稿を編集する!
  • 本原稿が完成するまでの時間と、原稿が完成するまでの間に、原稿が通過する必要がある編集段階がいくつかあります。このプロセスの詳細については、原稿の取得から製造までの流れをお読みください。
    マーケティング部門、広報部門、営業部門に本を提唱する。
  • マーケティング、宣伝、営業担当者が市場における個々の書籍の価値と潜在性を十分に認識できるようにすることは、書籍編集者の仕事の一部です。家に応じて、編集者はマーケティングのために販売部門またはカタログのコピーに「ヒントシート」を書く必要があります。編集者は、著書と著者のそれぞれの可能性がメディアに十分に活用されるように、宣伝と非常に緊密に協力するでしょう。
    アシスタントエディタ、アソシエイトエディタ、エディタ、シニアエディタ、エグゼクティブエディタは、以前のプロジェクトの成功に基づいて責任が増大するエディタの仕事のすべての反復です。タイトルのぶつかりごとに、編集者はより高価な本のプロジェクトやプロジェクトを自分の好みに合わせて自由に入手することができます。

編集アシスタントの仕事

編集アシスタントの仕事は、書籍出版の初級編集業務であり、どの業界の管理補助仕事の多くの側面も共有しています。編集助手は、伝統的には本格的な編集者になるための見習いの道を望んでいます。編集助手は、編集上の対応(すべての拒絶手紙を送ることを含む)、スケジュールの追跡など、労働集約的な編集作業に編集者を助ける。

編集助手は、エディタ用のゲートキーパーで、電話やメールの受信を管理するのに役立ちます。彼または彼女が効果的で、効率的で積極的である場合、編集アシスタントは、入稿原稿のメリットを評価し、おそらくエディターの後援のもとで作業することができます。

発達編集者の仕事

ほとんどの貿易出版社にとって、原稿の「開発」は編集者自身が行う。教科書出版社では、発達編集者が、書籍の内容を形作るのを助け、情報が適切に流れていることを確実にするために作者と協力し、クラスシラバスの論理的な進歩に時々従事している。

彼らの「編集」タイトルにもかかわらず、編集長と
コピーエディタ は、編集部ではなく、制作部門の援助を受けています。書籍制作部門について、原稿がどのように生産から完成した印刷物の本や電子ブックになるかをお読みください。