弁護士以外の弁護士の弁護士


弁護士と非弁護士の弁護士

委任状は、代理人を代理して代理人を代理して代理人を代理する書類です。代理人はあなたの弁護士と呼ばれます。代理人を任命したあなたは、プリンシパルと呼ばれます。どのような権限を自由に選んでも弁護士になることができます。この権威は非常に幅広く、単一の行為または取引に限定することができます。

ほとんどの委任状において、当局は弁護士に付与され、実際はすぐに有効です。

つまり、書類が署名されるとすぐに、弁護士は書類に記載された権限を行使することができます。通常、校長は、校長(それはあなた)が助けを必要とするまで、弁護士が実際に行使しないことを意図しています。しかし、法的には、権限はすぐに付与され、有効になります。

多くのクライアントはこれに不快です。彼らがヘイルで健康であるとき、彼らは配偶者や子供が銀行を訪問し、弁護士の権限を使用して口座を清掃するという考えが好きではありません。弁護士の能力が無能になったときにのみ効力を発揮すれば、ほとんどの人はそれを望んでいるでしょう。弁護士のこの種の力は、弁護士の「跳躍」力と呼ばれ、必要なときに人生に「湧き上がる」ためです。これは良いように聞こえるが、困難が伴う。

いくつかの警告が出る

跳躍力の鍵は、どのような出来事が威力を発揮するのかです。弁護士の中には、2人の医師が本人が自分の職務を管理できない旨の文書に署名した場合にのみ有効となる弁護士の言葉が含まれている弁護士もいます。

あなたは医師であると想像してください。あなたの患者の1人の子供があなたに来て、子供があなたの患者の財政を完全に支配できるように文書に署名するように頼みます。あなたはそれに署名するつもりですか?あなたはおそらくしないでください。患者が不可逆的な昏睡状態に陥っていると、おそらくあなたはそのような文書に簡単に署名することができます。

しかし、それは簡単なケースです。徐々に減少している患者はどうですか?たとえば、良い日と悪い日、明快な時間、混乱の時があります。医師は、財政を子供に支配しますか?弁護士の名前で呼ばれている隣人の隣人ですか?校長の能力不足の程度について、医師や家族の間で不確実性、不一致、不安があることは容易に分かります。

2人の医師が書類に署名しても、弁護士と2人の医師の認定書を銀行に持っています。弁護士が弁護士の事実認可を受け入れると思いますか?医師の署名が本物であるかどうかあなたはどのように知っていますか?それについては、署名する人が実際に医師であることをどのように知っていますか?医師が正しい決定を下したことをどのように知っていますか?

医療専門家を解雇するために、別の者または家族が委任状を有効にするかどうかの決定を勧めることがあります。友人や家族は、自分の首を守るためにもっと疲れているかもしれませんが、第三者の信頼の問題が残っています。同様に、起案の弁護士がエスクロー契約の下で委任状を保持することもあり、弁護士が元本が無能であると信じている場合にのみ、弁護士にその文書を公開する。

これは責任の負担を弁護士に移します。 (医師には喜ばれますが、弁護士にとってはあまり良いことではありません)。

弁護士は誰ですか?

あなたが身体障害者や行動不能になった場合、あなたは事柄を簡素化するための弁護士を務めています。弁護士の条件に条件を付けることによって、裁判所が解決しなければならない可能性のある問題、例えば、障害者であるかどうかなど、発生する可能性のある問題に対処する単純性の目的を破っている可能性があります。

すべての委任状は、文書がより早い日付を指定していない限り、本人が死ぬときに終了する。また、プリンシパルは、いつでも委任状を変更または取り消すことができます。配偶者が代理人である場合、離婚通知書が提出されると、委任状は終了します。

結論は、あなたが無能力になるまであなたが力を使わない人を信頼できなければ、その人の期間を信じることができないということです。

あなたが信用できない人はあなたの弁護士に名前をつけるべきではありません。適切な弁護士になる家族がいない場合は、有償で弁護士サービスを提供する銀行や信託会社を選択することができます。これはしばしば最良の選択肢です。

弁護士の権限に関する賢明な言葉。私たちは、多くの金融機関が金融機関自身の形態でない限り、弁護士の受理を拒否していることを発見しました。再び、これは弁護士の権限を持つという目的を破るものです。ただし、金融機関が弁護士の認可を拒否した場合、選択肢は限られています。彼らはもちろん、訴えることができます。私たちはどれくらいの時間と費用がかかります。代わりに、裁判所に保護者を任命することもできます。これは、弁護士の権限が避けようとしていたことです。