停止死亡者宛のメールを受信する


死亡者に対処するメールを停止する

死者は依然としてメールを受け取りますか?はい、彼らはしばしば行います。しかし、死亡した人に宛てた郵便の雪崩など、メールを止めることができます。今週、クライアントは、死んだ父親に宛てたメールの受信をやめさせる方法を尋ねました。クライアントが父親の不動産の個人代表者に任命された直後、彼は父親のメールをすべて自分の住所に転送したようです。

<!彼は、父親が自分の郵便箱に定期的に投函されたときに受け取った迷惑メールの量を認識しました。

あなたがこの苦境に遭遇するなら、あなたは何をすることができますか?あなたは、不動産の個人的代表者でなくてもいいかもしれません。老人の親が死ぬ前にあなたと住んでいたか、または不動産から家を購入した後、被災者のメールを受け取りました。死亡した人の迷惑メールやその他のメールの受信を停止するには、いくつかの手順を実行する必要があります。

遺言執行が完了し、不動産が正式に閉鎖された場合は、財産を閉鎖する注文書のコピーを遺族の郵便局に送付します。
  • すべての メールサービスをすぐに停止するように依頼してください。 不動産がまだ開かれている場合は、死者の連絡先のウェブサイトに連絡してください。あなたの愛する人の情報を入力してください。ウェブサイトによると、商用マーケティングリストの結果として受け取ったメールの量、つまり迷惑メールは約3ヶ月で減少するはずだ。
技術的に迷惑メールではないメールの場合は、組織と送信者に直接連絡して個人の死亡を通知します。このタイプのメールには、亡くなられた人が以前寄付した慈善団体からの懇願が含まれる場合があります。
  • メールを単に送信者に返すという、昔ながらの方法を使うこともできます。封筒に "死者"と "送付者に戻る"と書いてメールに戻してください。
  • あなたが疑問に思っている場合は、郵送先住所を共有していれば死亡後に被扶養者のメールを開くことができます。

退職者の財政義務

死亡者の財政義務に関するクレジットカードまたはその他の声明の継続的な請求書を受け取ることについて心配する必要はありません。彼の借金はすべて検認手続きを通じて解決されるべきです。生存している親族や受益者は、被扶養者の債務を満たすことについて個人的責任はありません。また、あなたが不動産の不動産を購入したなどの理由で不動産に関与している場合、あなたは確かに責任を負いません。

どちらの場合でも、迷惑メールを送信してから送信者に戻すことができます。しかし、不動産がまだ確定していない場合は、メールを個人管理者に渡すか、送信者を個人の代理人または不動産の執行者に向けることができます。

注:州および地方の法律は頻繁に変更され、上記の情報に最新の変更が反映されない場合があります。現在の法的助言については、弁護士に相談してください。この記事に記載されている情報は、法律上の助言ではなく、法的助言に代わるものではありません。