調査 - 遅延分岐問題の作成

調査 - 遅延分岐問題の作成
記事の内容:
トップボックス調査回答とは何ですか? 慣例により、調査回答は、 トップボックス 、 ボトムボックス 、および ミッドボックス スコアに分類される。 トップボックス はアンケートの質問に対する最も肯定的な回答であり、2番目に多い トップボックス は次に高い(最もポジティブな)回答です。回答者が「1」から「5」のリッカートスケールを使用するように求められた場合、「5」が最も肯定的な応答である場合、「4」および「5」の評価は2つのトップボックスと呼ばれます。 通常、リッカートスケールは、5つまたは7つの格付け「ポイント」で作成されます。スケールのハイエンド - 「5」とマークされたレスポンスは、「非常に」、「非常に」、「最も」、「最高」などの単語を表します。 「4」と記された回答もスケールの上端で考慮され、「やや良い」「良い」などの言葉に関連付けられます。応答が「3」とマークされたスケールの中間範囲は、中立的または非コミットレスな応答を伝達することを意図している。応答が「2」とマークされたスケールの下端は、「わずかに」または「非常に」などの単語にも関連付けられていますが、スケールポイントには

トップボックス調査回答とは何ですか?

慣例により、調査回答は、 トップボックス ボトムボックス 、および ミッドボックス スコアに分類される。 トップボックス はアンケートの質問に対する最も肯定的な回答であり、2番目に多い トップボックス は次に高い(最もポジティブな)回答です。回答者が「1」から「5」のリッカートスケールを使用するように求められた場合、「5」が最も肯定的な応答である場合、「4」および「5」の評価は2つのトップボックスと呼ばれます。

通常、リッカートスケールは、5つまたは7つの格付け「ポイント」で作成されます。スケールのハイエンド - 「5」とマークされたレスポンスは、「非常に」、「非常に」、「最も」、「最高」などの単語を表します。 「4」と記された回答もスケールの上端で考慮され、「やや良い」「良い」などの言葉に関連付けられます。応答が「3」とマークされたスケールの中間範囲は、中立的または非コミットレスな応答を伝達することを意図している。応答が「2」とマークされたスケールの下端は、「わずかに」または「非常に」などの単語にも関連付けられていますが、スケールポイントには2番目に肯定的ではない単語が含まれます。例えば、「2」の格付けは、調査参加者が「わずかに不満」または「やや不一致」であることを示す応答を表すことができる。スケールの最下端では、「1」の評価は、調査参加者が「非常に不満」または「強く不同意」であることを示します。

ボックス レーティングは、データの分析と要約に役立ちます。例えば、調査の要約された得点が、評価の30%が トップボックス にあることを示しているとします。これは、Likertスケールの評価が「5」または であり、格付けの15%が2番目に多い トップボックス であり、これはリッカート尺度の「4」または「非常に満足した 」に相当する。 <!市場調査担当者は、リッカート・スケール・レーティングが「3」は 満足

に相当するため、調査回答者は

非常に満足 していると報告することができました。回答者の45%以上が満足しています。 ダイナミックアンケートの質問を作成するための12のテクニックの完全なリストが続きます。直下には、調査研究で遅延分岐質問を作成するための簡単なヒントがあります。ダイナミック・サーベイ・リサーチの構築における遅れた分岐 遅延分岐として知られている技術は、複数の基準を用いて分岐を構成することができるため、化合物の分岐と同様である。重要かつ明白な違いは、構成が構築されたデータの収集の直後に遅延分岐が起こらないことです。遅延基準は、基準を確立するデータがすでに収集されている限り、調査のどこにでも発生する可能性があります。遅延分岐の一般的な用途は、テキスト応答が望ましい場合であるが、市場調査者はいくつかのリンクされた質問または関連する質問の流れを混乱させたくない。さらに、調査回答者は、長いテキスト応答を提供するか、アンケートに項目が多すぎると感じる場合には、調査を中止することがあります。 市場調査者は、遅延分岐を使用して、回答者がより重要な項目を調査し、その質問に最初に回答する可能性を高めている可能性があります。

以下の12の構成に準拠するように設計されたアンケートの質問は、オンライン調査で最も頻繁に見られますが、ペーパーベースまたは口頭の調査にも適用できます。

12動的調査の開発のための技法研究の質問

1。簡単な分岐

2。配管

3。ルーピング

4。無作為化

5。化合物分岐
6。遅延分岐

  • 7。シンプル・クオータ
  • 8。ネストされたクォータまたはコンプレックスクォータ
  • 9。抽出10。質問の表示/非表示
  • 11。回答の表示/非表示
  • 12。自己決定